読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんとんとん

2月のカレンダーから3月のカレンダーに替えて お雛様をしまい 雪だるまの手拭いから爽やかな手拭いにして そのままにしてあった家族写真を写真立てに飾った ついでに部屋の掃除も やっと 今更 4月になるのが嫌で 3月になった事から逃げたかった 心の準備が出…

ログイン出来た

明るい月家の中を暗くしてみんなで眺めるそんな時間はとても愛おしい!息子の願い事みんなが楽しめる世界にしてください良い願い事だ◎

息子の言葉

「太陽ってやわらかいのかな?」 と息子が太陽を見ながら言った 考えた事も無かった! 柔らかいのかな? ちょっと固そうな気もするな

案ずるより

娘の1歳の誕生日まで1週間をきった 1年前の今頃はドキドキしていたはず そしてちょっと寂しい気持ちだったと思う 今まで我が子は息子1人で 毎日毎日一緒に過ごしてきた 大変な事も沢山ある でもやはり とても愛おしい時間だった 何かが変わる 私は変化に弱い…

曇りのち晴れ

今日は最高な天気だったのに心はもやもや 夕方やっと家を出て 高台から夜景と月を眺めて 子供と走ったり踊ったり 車の中で歌ったり 美味しいご飯を食べて 帰ってみんなで映画を観た 結果 とても良い日だった 晴れた

てくてくてく

なんでもせっかちな方だけど 子供の成長はゆっくりが良いなと思う

もう離れる事なんて出来ないよ…

湯たんぽの温もりったら

デザインは苦手でした

手に職… といえば 貴金属加工 鈍ってると思うけど 手は覚えている 作ったり修理したりは とても好きなんだけど ジュエリーやアクセサリーは あんまり興味がわかなくて 一歩踏み出せない なにか興味がわく事で 活かせないかな 自分の事 もうちょっとよく考え…

小屋

やっぱり欲しいと 確信

カバーがない

iPhoneて冷たいな 大きいし 滑る

重ねて重ねて

30代 体は不調が出てきたけど 心は好調! 歳を重ねるのは良い

自分の事は全て棚に置いていますが

夫の絵は ポップで結構好き 昔は夫は一言で言うと 小学5年生 という感じだった 今は 少し大人になったけど 絵は 小学5年生ぽさがまだ出ている

ピンクのももちゃん

娘が今日実家で初めて 階段の存在に気付き あれよあれよと言う間に 二階まで登って行った 息子は今日実家で初めて 顔を真っ赤にしながら頑張って 一人で風船を膨らました その風船に顔まで描けた 娘に至っては 初めてのお座りも 初めての立っちも じぃじやば…

頭の中

朝ごはん中に 息子がふと 「かーかーって誰かに似てるんだよなぁ 誰だっけ… うーん、あ〜っ」 「誰誰?気になる!」 「あっ!ウルトラマンに出てる…!」 えーっ、またウルトラマンかよー 「ウルトラマンパワードだっ!」 えーっ…似てないと思うよ… 今日はみ…

かわいい人

あぁ あの人元気かなぁ? とよく思う人がいる 元気に過ごしてたらいいなぁ と思う やっぱり無条件に好きなんだと思う

眠眠

息子が赤ちゃんの頃 聴かせると寝る音楽は 四つ打ちやディジュリドゥだった 娘が最近イチコロな音楽は ロックステディ! ロックステディと聞くと 小島麻由美を思い出す わたしは無音じゃないとねれないな

来春

幼稚園の通知がきてほっとした! 4歳になったら毎日幼稚園行くんだよ お友達と先生とたくさん遊べるよ と息子に言ったら かーかーとこっちゃんが一緒じゃないと 寂しい… と言う なんだか らしくない 先生はかーかーより優しいよ! かーかー怒ったりするでし…

小屋

が、あれば 出来そうな気がする! てくてく への道①

寝顔

息子の寝顔は美しい 娘の寝顔は 味がある … わたしに似たようだ 口は開いてるし たまに可笑しくて でも やっぱり可愛くて可愛くて ずっと見れちゃう

白か黄色か

夕方 まだ陽射しがある時間 空には白いお月さま 息子が なんでお月さま今日は白いんだろう? と言った まだお日様がいて明るいから 眩しくて白いんだよ! 暗くなれば黄色になるよ と それっぽく説明してみた すると息子は じゃぁ「お月さまってどんなあじ?…

四季面倒

毎年冬は来てるのに 毎年何を着ればいいのか分からない 春夏秋冬 四季は魅力的な事も沢山あるけど 少々面倒

ごはんさん

息子が妹にご飯を食べさせてくれた わたし ごはんさんよ こっちゃんに食べて欲しいの〜! と ごはんさんになりきっていた どこかでよく見た光景だ してもらった事は 案外ちゃんと覚えていて 繋がっていくのだなぁ と思いました

白菜

何かおかずの材料を買ってきてと頼んだら 白菜としめじ あと豚肉 作っておいた味噌汁 白菜と舞茸 あと 豚肉の炒め物 かぶり過ぎだし 結局いつもより おかずは少なかったけど 少ない方が 一つ一つちゃんと美味しく感じる ような 気がしましたとさ

行く末も

夫はとても大きな人 心が大きくて柔らかい わたしは 短絡的 と言われる その通り 君が大きな人だから 短絡的でいられる なんだか おじいちゃんとおばあちゃんになっても 変わらず こんな関係だと思う 全く不思議な仲だ

大きさ

子供と一緒にいると 自分も子供だった事があるんだよなぁ と不思議な気分 大きな人でいる事に慣れちゃって あまり思い出せないけど 大きくなったなぁ 自分 中身はまだまだだけど

いつの事か

書いていたブログも行方不明 あの時の色々な思いは どこに飛んで行ったのかな?